コメンタリー

このレポートは、毎週水曜日(米国時間)に、季節性を考慮したCQGのSeasonal Studyを用いて、大豆、小麦、トウモロコシ市場を分析します。Seasonal StudyのCQG用PACファイルはこちらから、またExcelへRTDを利用し引用することが可能です。

各穀物チャート下には表があります。上部の表は20日、50日、100日、200日間分のデータを対象に、それぞれの期間において過去10年間の価格推移を参照し、現在の価格推移ともっとも相関性の高い価格推移データの年数... more

このレポートは、毎週水曜日(米国時間)に、季節性を考慮したCQGのSeasonal Studyを用いて、大豆、小麦、トウモロコシ市場を分析します。Seasonal StudyのCQG用PACファイルはこちらから、またExcelへRTDを利用し引用することが可能です。

各穀物チャート下には表があります。上部の表は20日、50日、100日、200日間分のデータを対象に、それぞれの期間において過去10年間の価格推移を参照し、現在の価格推移ともっとも相関性の高い価格推移データの年数... more

このレポートは、毎週水曜日(米国時間)に、季節性を考慮したCQGのSeasonal Studyを用いて、大豆、小麦、トウモロコシ市場を分析します。Seasonal StudyのCQG用PACファイルはこちらから、またExcelへRTDを利用し引用することが可能です。

各穀物チャート下には表があります。上部の表は20日、50日、100日、200日間分のデータを対象に、それぞれの期間において過去10年間の価格推移を参照し、現在の価格推移ともっとも相関性の高い価格推移データの年数... more

このレポートは、毎週水曜日(米国時間)に、季節性を考慮したCQGのSeasonal Studyを用いて、大豆、小麦、トウモロコシ市場を分析します。Seasonal StudyのCQG用PACファイルはこちらから、またExcelへRTDを利用し引用することが可能です。

各穀物チャート下には表があります。上部の表は20日、50日、100日、200日間分のデータを対象に、それぞれの期間において過去10年間の価格推移を参照し、現在の価格推移ともっとも相関性の高い価格推移データの年数... more

このレポートは、毎週水曜日(米国時間)に、季節性を考慮したCQGのSeasonal Studyを用いて、大豆、小麦、トウモロコシ市場を分析します。Seasonal StudyのCQG用PACファイルはこちらから、またExcelへRTDを利用し引用することが可能です。

各穀物チャート下には表があります。上部の表は20日、50日、100日、200日間分のデータを対象に、それぞれの期間において過去10年間の価格推移を参照し、現在の価格推移ともっとも相関性の高い価格推移データの年数... more

DeMark指標はCQGにて提供をしているサードパーティのスタディでもっとも人気があるスタディです。

そのようなこともあり、わたしもDeMarkの一連スタディの中でも人気のひとつSequential®を見てみることにしました。

このスタディの原理は比較的に正攻法といえます。

タートルズといっしょに知られてはいますが、このスタディを組み込んだプログラムの依頼があると、

... more

この度、日産証券様、JPX/OSE様とCQGが共催する、天然ゴム先物市場における動画配信をご案内いたします。
国内外の株式相場が上昇する中で、天然ゴムの相場も動いており、また、年末に向け、天然ゴムの買われやすい時期も続いています。本企画では、投資家の皆様向けに、取引所の制度や商品の特徴から、ゴム市場の展望に加え、取引実務についてご紹介させていただきます。

ぜひご視聴ください!

アジェンダ:

JPX/OSE様 「OSEゴム先物概要と、... more

よくあるご質問として、二つの市場をどのように比較するかというものがあります。

2015年1月より DAX と EURO STOXX先が大きく持ち直しました。

それでは、どちらがより強かったのでしょうか?

シンプルな Analog 機能のチャートの二重表示だけでは、単にチャートを画像的に同じウィンドウに表示しただけなのでよくわかりません。

... more

TD Range Expansion Index (REI) は主にダイバージェンスの分野において、

わたしが最初に使い始めたDeMark指標のひとつです。

結論としては、REI はシグナルとしては発生するのが早過ぎるものではありましたが、

警告的な意味では大変使い勝手がいいものでした。

つまり、長期のヒストリカルチャートでのリスクを鑑みると相当なもの、かつ想像以上のものでした。

その後、... more

DeMarkスタディのコミュニティの大きさは“トム・デマーク”のスタディの成功と著名度を表れといっていいでしょう。

プロのコミュニティ内の多く人々が、チャットやフォーラムや、大変人気のある活況に満ちたマーケットで、

重要なシグナルが積み重ねられていることに気づいていたのです。

これはデマークのスタディを使用していない人々も同様に気づくことになりました。

その結果、多くの人々がデマークのスタディに追従する強力な結果を生みました。... more